かさね ネタバレ 97 【野菊と出会う幾、でも罵倒と冷笑で迎えられて…?】 (11巻)

こんにちは、ちどりです。

今日は、「累」の

第97話『てのひらに残る』のネタバレです。

 

1巻でしたら、

まんが王国で

無料試し読みができるので、

一度ごらんになってください。

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

あらすじ

 

幾はかさねのことを

思っていました。

私は…

えらそうな言葉を投げつけておいて

その実

あなたのことを何も知らないのね…

 

 

幾が連絡を取ったのは、

天ヶ崎

 

 

そして、天ヶ崎家に

かくまわれている野菊でした。

 

 

“朱咲”で見慣れた顔が

そこにあることに、

幾は違和感を覚えます。

この顔が

そんなに不思議?

 

 

幾は改めて自己紹介を

しようとしますが、

野菊はそれを遮ります。

 

 

曰く、朱咲の代理もつとめて

一躍有名になった女優でしょう、と。

 

 

助けたのもその名声を

目論んでのこと?、と

嘲笑するので、

幾も天ヶ崎も慌てます。

 

 

ですが野菊は言い切るのです。

助けてなんて頼んでない!!

 

私が望んでもいないことで

善いことをしたなんて

思われたくないのよ

 

何もわからない他人のくせに…!!

 

 

かさねの友人として

止めたかった、と訴える幾。

罪は顔を奪うこと、と幾は言いましたが

野菊は冷たくあしらいます。

それだけじゃないわ

あなたは丹沢ニナの末路については

聞いていないはずよ

 

 

感想

幾先輩、本当に善人過ぎて…。

野菊があしらっていますが、

この二人にも和解してほしいです…

 

 

ニナの末路と

野菊の決意を知り、

言葉を失う幾先輩。

 

ぜひ、その目でご確認ください♪

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

ちなみに私はいま、

電子コミックで

「累」を読んでいます。

ちゃんと読みたいときは

タブレットで、

すきま時間ができたときには

スマホで手軽に、

そんな使い方をしています。

 

 

電子コミックサイトの中でも特に、

「じっくり試し読み」と銘売って、

巻まるごと、たまには数巻分が無料で読める、

「まんが王国」が今一番のお気に入りです。
>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)