かさね ネタバレ 95 【化けものが自滅!? その理由に泣ける】 (11巻)

こんにちは、ちどりです。

今日は、「累」の

第95話『顔のない女』のネタバレです。

 

1巻でしたら、

まんが王国で

無料試し読みができるので、

一度ごらんになってください。

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

あらすじ

 

宿屋に逃げ込んだかさねですが、

宿の人からも不審がられます

熊笹の間のお客さん

どうも観光って感じじゃねぇな

 

 

かさねは鬱々と1日を過ごしていました。

私にはもう

わからなくなってしまった

 

醜い私に

生きる価値は無い

 

けど美しい姿でも――

 

 

“朱咲”となってから、

稽古が終わり、

部屋に一人になったときには

なぜか涙が出ていたのです。

 

 

美しい顔と声をりても、

その賞賛は

“自分”には向けられないと

気づいたのです。

 

 

それは、ニナから、

“女優 丹沢ニナ”を奪ったように――

 

誰もあなたを見ていない!

知りもしない!

 

 

かさねは海へ続く夜道を急ぎました。

そこは、月が照らす海を、見下ろせる崖。

背後にはまた、母の亡霊――

…母さん…

私たちは生まれてくるべきではなかった


 

これ程に欲深く

人並みの…いや

それ以上のしあわせ

欲してしまった…

 

そしてかさねは、

崖から飛び降りようとして――!?

 

感想

傲然としていた”朱咲”ですが、

内心はこんなにずたぼろだったんですね…

おもわずもらい泣きしそうでした。

 

 

「終わりにしよう」としたかさね。

その内心や

思い出したアノ言葉

ぜひ、その目でご確認ください♪

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

ちなみに私はいま、

電子コミックで

「累」を読んでいます。

ちゃんと読みたいときは

タブレットで、

すきま時間ができたときには

スマホで手軽に、

そんな使い方をしています。

 

 

電子コミックサイトの中でも特に、

「じっくり試し読み」と銘売って、

巻まるごと、たまには数巻分が無料で読める、

「まんが王国」が今一番のお気に入りです。
>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)