かさね ネタバレ 90 【前途洋々の女優が、幸せといいつつ死んだ目をしている理由】 (11巻)

こんにちは、ちどりです。

今日は、「累」の

第90話『最果て』のネタバレです。

1巻でしたら、

まんが王国で

無料試し読みができるので、

一度ごらんになってください。

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

あらすじ

 

本番の2日前、

富士原から驚きの報告がありました。

「星、ひとしずく」の海外公演が決定したのです。

日本の若手の力を

存分に見せつけて来て欲しい

 

 

富士原はその日、

舞台にたたずむかさねに声をかけました。

咲朱の存在そのものが、

淵透世に似ている、と。

 

 

二人とも一見強そうに見えるが、

弱さの裏返しの気がする、と――

だから

以前…ともに仕事をしたとき

あのひとに聞いたことがある

「あなたは何故

自分の内面こころ

誰にもみせてくれないのか」と

 

 

そのときの淵透世の回答が、

富士原にはとても印象的だったようです。

 

 

その回答を聞いてなお、

かさねはにんまりと微笑みます。

今とても幸せなんです

 

 

かさねは帰宅し、

羽生田に海外公演の話を伝えます。

そうか…

ついにお前は

淵透世も未踏の舞台へ踏み出すわけだ

 

 

羽生田は大喜びでした。

 

 

先日のいざなの死に関する暴言も謝罪してきます。

そしていつもどおり新しい伝説を作ろう、と言い、

思いがけない提案をしてくるのです。

海外公演を成功させたのち――

 

 

そして、ついにゲネプロが…!

→次の話を読む

感想

巻が変わったからか?

ぐぐっと動き出した感じがあります。

富士原や羽生田の意外な一面が出ていたのが、

“動き”と感じたのかもしれません。

 

 

かさねが富士原に抱いた思いや、

幾先輩に抱いた思いや…

そして富士原の思い出とは?

富士原に幸せと言いつつ

笑っていないかさねの心中は?

羽生田の提案とは?

 

 

気になる方はぜひまんが王国へ♪

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

ちなみに私はいま、

電子コミックで

「累」を読んでいます。

ちゃんと読みたいときは

タブレットで、

すきま時間ができたときには

スマホで手軽に、

そんな使い方をしています。

 

 

電子コミックサイトの中でも特に、

「じっくり試し読み」と銘売って、

巻まるごと、たまには数巻分が無料で読める、

「まんが王国」が今一番のお気に入りです。
>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)