かさね ネタバレ 5 【心がすでに化けものだもの】 (1巻)

こんにちは、ちどりです。

今日は、「累」の5話

違う生きもの』ネタバレです。
累1

 

1巻でしたら、

まんが王国で

無料試し読みができるので、

一度ごらんになってください。

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

あらすじ

←前話のおさらい

いよいよ本番を迎えた演劇部。

幾はかさねが現れないことに気づき、

どうしたのかと心配します。

 

 

そこにかさねがきます。

熱があるので不参加でと

お願いするかさね。

マスクもしています。

ただ…今少しだけ

お時間いただけませんか

 

 

こっそりそう幾にお願いして、

かさねは倉庫で二人きりになります。

そして、睡眠薬入りのコーヒー

うまく飲ませてしまうのです。

美しいあなたが

自分と”同じ”と言ってくれたこと

本当にうれしかった

でも”違う”

 

私たちは最初から違う地平で

違う夜空を見上げていたのだ

 

かさねは

恩を仇で返せる自分を

醜いでしょう、といいながら、

幾に口づけをするのでした。

 

 

そして平然と、幾として

舞台に上がるのです――!

 

…戻ってきた

 

私のための光

私のための静寂

 

いまここにある数百の目に

醜い化け物は映っていない

 

 

私は今 美しい…!!!

 

ですが、思わぬ支障があらわれて…?

 

→続きを読む

感想

かさね、見事なクズっぷり…。

「同じじゃない」という絶望の裏返しなのでしょうか。

 

5年ぶりのステージ。

「戻ってきた」にぞっとしつつ、

満面の笑みに目を奪われてしまいました。

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

ちなみに私はいま、

電子コミックで

「累」を読んでいます。

ちゃんと読みたいときは

タブレットで、

すきま時間ができたときには

スマホで手軽に、

そんな使い方をしています。

 

 

電子コミックサイトの中でも特に、

「じっくり試し読み」と銘売って、

巻まるごと、たまには数巻分が無料で読める、

「まんが王国」が今一番のお気に入りです。

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)