かさね ネタバレ 84 【未来を阻むジョバンニ】 (10巻)

こんにちは、ちどりです。

今日は、「累」の

第84話『終わらない終章』のネタバレです。

累10

 

1巻でしたら、

まんが王国で

無料試し読みができるので、

一度ごらんになってください。

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

あらすじ

←前話のおさらい

 

野菊は宣言通り

地下室に閉じ込められ

かさねは口づけのために入室します。

「あれからおとなしいもんだ

何を考えてんのかは知らんが」

「いいじゃない

好都合だわ」

 

 

富士原佳雄が

次の舞台を始めるにあたり、

ふたたび咲朱を起用しました。

今度は主役です。

 

 

 

ただしダブルキャスト

ダブルキャストをつとめるのは

まだ有名でない女優です。

 

 

ベテランもいるオーディションを

勝ち抜いた彼女の名を、

かさねはよく知っていました

「おどろいたか?」

「…ええ

まさか こんなところで

また会うことになるなんてね」

(”五十嵐幾”…!!)

 

 

高校卒業後、

ぱっとしなかった幾。

 

 

前作の

「ハムレット」”オフィーリア”役で

注目を浴びたようです。

 

 

 

その幾は、

窓から見えた川をみて

ふと高校時代

思い出していました。

 

あの子とは

あれが最後になってしまったっけ

川べりで二人で台詞を

そらんじたあの劇――

 

そう

私ではない”だれか“が現れて

 

私の希望を摘んでしまった

あの劇――

 

 

幾の女優人生は、

ジョバンニを見て

というオファーで

始まったようです。

 

 

そして、

精一杯の幾に対し、

出し惜しみをしている、

期待外れだという反応…。

 

 

あるきっかけで浮上するまで

舞台がこわかった幾。

やっぱり

復帰できたとは言え

初日はさすがに怖いな

 

 

 

それでも幾は

笑顔で入室します。

そこにはもちろん咲朱が――

 

 

そして、

「咲朱の女優人生」が

続く意味を知る

天ヶ崎は忸怩たる思いを抱えていました。

…野菊さん…

あなたは今

どこでどうしているんです?

 

→続きを読む

 

感想

幾先輩がまさかの復帰!

 

 

富士原さんが絡むということは

また時限爆弾がなにか

しかけられるのでしょうか…?

 

 

あいかわらず心美人な幾、

研ぎ澄まされていく咲朱、

そして騎士になれるか?天ヶ崎。

 

 

きになった方はぜひ

お手にとってごらんください♪

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

ちなみに私はいま、

電子コミックで

「累」を読んでいます。

ちゃんと読みたいときは

タブレットで、

すきま時間ができたときには

スマホで手軽に、

そんな使い方をしています。

 

 

電子コミックサイトの中でも特に、

「じっくり試し読み」と銘売って、

巻まるごと、たまには数巻分が無料で読める、

「まんが王国」が今一番のお気に入りです。
>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)