かさね ネタバレ 4 【部活の足をひっぱるもの、かさねの足をひっぱるもの】 (1巻)

こんにちは、ちどりです。

今日は、「累」の第4話

同じ星空』ネタバレです。

累1

 

1巻でしたら、

まんが王国で

無料試し読みができるので、

一度ごらんになってください。

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

あらすじ

←前話のおさらい

幾に練習を見られてしまってから数日。

 

 

かさねはずっと部活を休んでいました。

同級生で音響担当の関は

サボリだと断定し、

幾にいないものとして扱えばいいと進言します。

演劇は集団芸術ですよ

サボって足並み乱すような奴が

必要ですか?

 

 

それを聞いた幾は翌日、

強引にかさねの人生に関わっていくのです。

かさねちゃん

一緒に帰ろ♡

 

 

みじめだから止めてくれと懇願するかさね。

そこで幾は、

自分もいじめられていたと告白します。

だって

悩んでる姿も

演劇好きなところも

同じだもの私たち

 

 

幾はかさねに部活に残るように言い、

かわりに仲良くしようと提案します。

 

 

そして、いじめは

ぱったりとやんでしまいました。

…これがあの人の影響力!

美しさのなせるわざ

 

ですが、それを快く思わないのが音響の関。

かさねを呼び出して言ったことは…?

私たちの目には

本当に同じ星空など

映っていたのだろうか

 

→続きを読む

感想

幾のいじめの事実を知ってびっくりしました。

 

 

最後のかさねのモノローグが

もの悲しすぎます…

 

 

相変わらず、母の亡霊もまとわりつきます。

本番が近づいているようですが、

どうなるのでしょうか。

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

ちなみに私はいま、

電子コミックで

「累」を読んでいます。

ちゃんと読みたいときは

タブレットで、

すきま時間ができたときには

スマホで手軽に、

そんな使い方をしています。

 

 

電子コミックサイトの中でも特に、

「じっくり試し読み」と銘売って、

巻まるごと、たまには数巻分が無料で読める、

「まんが王国」が今一番のお気に入りです。

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)