かさね ネタバレ 60 【過去に挑む化けもの】 (7巻)

こんにちは、ちどりです。

今日は、「累」の

第60話『咲朱という女』のネタバレです。

 

ebookjapanの扱いはこちらから。

累7

 

まんが王国では

無料で単行本の試し読みができるので、

一度ごらんになってください。

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

あらすじ

←前話のおさらい

羽生田はかさねに

繰り返し

言い聞かせていたようです。

”丹沢ニナ”は死んだ

お前の名前は”咲朱さき“だ

 

お前に過去は存在しない

 

ただ在るのは

完全な美貌と才能

そしてひたむきな執念

 

お前は王たる女だ

 

 

羽生田は、

淵透世の顔

手に入れたかさねに対する態度を

少し変えたようです。

 

 

野菊は、

かさねに協力しながらも

心は開かないようにみえました。

 

 

ただ、

顔の持ち主がうごける」という

メリットは、

咲朱の仕事の自由度を

ぐっとあげました。

 

 

そしてかさねは、

それに苛立ちながらも

そのほうが舞台の精度があがると

自覚していました。

 

 

そんなある日、

羽生田が勝負に出たい、と

かさねにある舞台をもちかけますが、

それは問題ばかりで…!?

いいかげん

死んだ人間に

私をかさねてみるのは

おやめなさい

 

→続きを読む

感想

おやめなさいの顔と声

こわー!!!!

 

 

かさねは周囲が変わった

モノローグで述べてましたが、

かさねも咲朱のとき

人格変わってますよね…

vs羽生田が容赦なくなったというか。

 

 

勝負にでようとする舞台、

はたからみればいい条件ですが

本人からすれば悪条件だらけ!

 

 

どんな問題か、

そしてかさねがどうするのか、

ぜひ漫画で読んでください!

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

ちなみに私はいま、

電子コミックで

「累」を読んでいます。

ちゃんと読みたいときは

タブレットで、

すきま時間ができたときには

スマホで手軽に、

そんな使い方をしています。

 

 

電子コミックサイトの中でも特に、

「じっくり試し読み」と銘売って、

巻まるごと、たまには数巻分が無料で読める、

「まんが王国」が今一番のお気に入りです。
>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)