かさね ネタバレ 58 【化けものが一番素直というのがやるせない】 (7巻)

こんにちは、ちどりです。

今日は、「累」の

第58話『』のネタバレです。

 

ebookjapanの扱いはこちらから。
累7

 

まんが王国では

無料で単行本の試し読みができるので、

一度ごらんになってください。

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

あらすじ

←前話のおさらい

 

かさねは羽生田を

野菊に引き合わせました。

 

 

羽生田は

かさねの義妹が

“野菊”という名だと

知っていたため、

その顔立ちにぎょっとします。

 

 

礼儀を欠いたから、と

その場を去る羽生田。

 

 

おいかけたかさねに

適性はあると言いつつ

釘を刺します。

あんまり仲良しごっこを

していると

ニナの時みたく

後悔するぞ

 

 

かさねは

羽生田の非礼を詫び、

重ねて、ニナとして会っていたことをわびます。

 

 

野菊はそれを許しますが、

帰り道の思いは忸怩たるものでした。

――謝ると言いながら

あのひとはどれほどの

嘘をかさねてきたのか

 

あの羽生田という男にしても

得体が知れない

 

そして私も…嘘ばかりを…

 

 

その野菊に声をかけたのは――!?

正直言って聞きたいことは山ほどある

しかしだ

今はお互いの思惑に

踏み込みすぎないようにしないか

 

→続きを読む

感想

かさねと野菊の利害は一致。

でも羽生田のいうとおり、

かさねの視野が狭くなってる気がします。

かさねは嵌められた感なかったのでしょうか?

 

 

やはり淵透世似だからか、

ニナのときの思い出か…。

 

 

いよいよ羽生田が腕を鳴らして

「伝説の女優」を誕生させようとしてます!

ぜひその目でご確認ください♪

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

ちなみに私はいま、

電子コミックで

「累」を読んでいます。

ちゃんと読みたいときは

タブレットで、

すきま時間ができたときには

スマホで手軽に、

そんな使い方をしています。

 

 

電子コミックサイトの中でも特に、

「じっくり試し読み」と銘売って、

巻まるごと、たまには数巻分が無料で読める、

「まんが王国」が今一番のお気に入りです。
>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)