かさね ネタバレ 54 【嘘だらけでも、思い出だけは本当だと思っていた】 (7巻)

こんにちは、ちどりです。

今日は、「累」の

第54話『誘蛾灯』のネタバレです。

累7

 

1巻でしたら、

まんが王国で

無料試し読みができるので、

一度ごらんになってください。

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

あらすじ

←前話のおさらい

かさねが思い出したのは

野菊のことでした。

 

 

それはニナが

死んだ翌日のこと。

 

 

ひさしぶりに野菊から

電話があったのです。

 

 

野菊は

最近疲れていたこと、

逃げ出したいとさえ思っていること

心を許せる相手は

ニナ以外いないとまで言います。

私ね

最近なかなか会えないけど…

つらい時は

よくあの海に行くの

 

 

かさねは野菊のことを

何も知らないようにしてきました。

かさねへの詮索を避けるためです。

 

 

ニナの携帯を壊したとき、

野菊の連絡先も当然

ひかえていませんでした。

 

 

ただ、思い出したそのヒント

かさねの気持ちは揺らぎます。

 

 

翌朝、かさねはあのあの海を目指していました。

 

会える確証もなく

会ってどうするかも考えないまま

 

 

そしてかさねは、

そこに野菊の姿を認めます。

その胸元のシーグラスも…。

 

 

野菊もまた、

かさねに気づき、

立ち上がります。

すみません…

佇まいが

…大事なひとに

よく似ていたものですから

 

 

立ち去ろうとする野菊、

呼び止めたかさね、

そして二人は――?

 

美しいさざなみ

美しい陽の光

美しい…記憶

 

ばかばかしい

すべて

くだらないはりぼてよ

 

→続きを読む

感想

野菊が…こわい…です…。

ニナとして野菊に会っているときの

かさねの嘘も悲しかったですが、

野菊ははっきりと害意を抱いているので…

 

 

心理戦を楽しみたい方、

ぜひまんが王国へ!

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

ちなみに私はいま、

電子コミックで

「累」を読んでいます。

ちゃんと読みたいときは

タブレットで、

すきま時間ができたときには

スマホで手軽に、

そんな使い方をしています。

 

 

電子コミックサイトの中でも特に、

「じっくり試し読み」と銘売って、

巻まるごと、たまには数巻分が無料で読める、

「まんが王国」が今一番のお気に入りです。
>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)