累 漫画 2巻【眠り姫vs化け物】

こんにちは、ちどりです。

今日は、「累」の2巻のネタバレです。
累2

 

協力者、ニナ越しに

得たりと笑うかさね。

 

相変わらずの目力にくらくらです。

 

収録は9本。ニナ編メインです。

第9話『丹沢ニナ』

第10話『かもめ』

第11話『眠り姫』

第12話『烏合零太』

第13話『侵蝕』

第14話『キス』

第15話『逆鱗』

第16話『見えるものがすべて』

第17話『二人のニーナ』

 

なお、1巻でしたら、

まんが王国で

無料試し読みができるので、

一度ごらんになってください。

>>>まんが王国はこちら<<<

 

あらすじ

 

かさねは

羽生田により

丹沢ニナ、という

美少女と引き合わされます。

 

 

 

ニナは女優を目指していましたが、

眠り姫症候群を患っていました。

発作が出てしまうと、

1~2ヶ月ほど眠ってしまうのです。

 

 

ニナは病気のために、

「いつ舞台に穴をあけるかわからない」

という怖さがつきまとい、

眠りが普通の眠りか発作かがわからないため

「眠るのが怖いから寝たくない」

ことから、睡眠不足になり

集中できないという

悪循環に陥ってました。

 

 

 

かさねがニナの指導のもと

作り上げた「丹沢ニナ」は

ニナにとって憧れの人、

演出家の烏合零太も射止めました

 

 

烏合の次の作品

「かもめ」のヒロインに

抜擢されたのです!

 

 

烏合の観察眼に、

かさねも恋に落ちてしまいます

 

 

それに気づいたニナは

とある罠をしかけ、

自分の顔を取り戻します

 

 

ですが、ニナ(本物)と烏合が結ばれて

めでたしめでたしとは

いかないようで…?

 

 

 

感想

 

海ではしゃぐかさね、

それを苦々しく思いつつ

舞台上の自分を手放したニナ。

 

 

その小さな違和感は、

恋に破れ号泣するかさねと

優越の笑みをうかべるニナにつながり…。

 

 

喧嘩友だちのようだった二人が

険悪になっていく理由が

恋、というのがあるあるすぎてつらいです。

 

 

つかずはなれずフォローする

羽生田の思惑まで加わって、

混沌の2巻、ぜひお手にとってください♪

>>>まんが王国はこちら<<<

(サイト内で「累」と検索してください。)
ちなみに私はいま、

電子コミックで

「累」を読んでいます。

ちゃんと読みたいときは

タブレットで、

すきま時間ができたときには

スマホで手軽に、

そんな使い方をしています。

 

 

電子コミックサイトの中でも特に、

「じっくり試し読み」と銘売って、

巻まるごと、たまには数巻分が無料で読める、

「まんが王国」が今一番のお気に入りです。

>>>まんが王国はこちら<<<

サイト内で「累」と検索してください。