かさね ネタバレ 30 【地獄から抜け出したはずの美少女はすでに鬼女】 (4巻)

こんにちは、ちどりです。

今日は、「累」の
第30話『因果の子』のネタバレです。
累4

 

1巻でしたら、

まんが王国で

無料試し読みができるので、

一度ごらんになってください。

>>>まんが王国はこちら<<<

 

あらすじ

←前話のおさらい

野菊は目の前の「現実」に

吐いてしまいます。

頭がまともに働かなかったが

とにかくお金だけは

持っていかなければと思った

 

 

老人の財布をあさっているときに、

野菊は「B1F」とタグのついた鍵を

手に入れます。

 

 

心当たりはありました。

老人が野菊に、

ワインセラーだと教え込んだ場所です。

 

 

鍵はやはり、その扉のものでした。

地下へ続く階段は、

小さく窓もない部屋へと続いていました。

 

 

野菊の脳裏に、

幼い頃母から聞いた話がよみがえります。

私はね…あの女が死ぬまでは

とても怖いところに居たの

 

そこはね…せまくて…暗くて…

とてもさびしいの……

 

そして自分自身、

幼い日にいざなと透世の

顔の交換を見てしまったことを

思い出すのです。

 

 

豪雨の中かけだして天を仰ぎ、

母と自分の境遇を吠える野菊。

私の怒りは

どこへ向かえばいいのよ!!

 

 

そして野菊は

父に囲われていた

お屋敷を去ります

 

 

父は生前、

野菊に知識も戸籍もなく、

外でいきていけるはずがないと

言っていましたが…?

どんな手段で生きても

きっと会ってみせるわ

ただひとりの姉…

→続きを読む

 

感想

野菊からかさね、

悪感情のかたまりじゃないですか…!

 

 

美人だけに笑い泣きが怖い。

 

 

そして”お父様”の妄執が

あさっての方向でお役立ち…。

 

 

野菊がどう生き延びていくか、

そしてかさねとどう出会うのか?

 

 

続きはぜひ、まんが王国で♪

>>>まんが王国はこちら<<<
(サイト内で「累」と検索してください)

 

 

ちなみに私はいま、

電子コミックで

「累」を読んでいます。

ちゃんと読みたいときは

タブレットで、

すきま時間ができたときには

スマホで手軽に、

そんな使い方をしています。

 

 

電子コミックサイトの中でも特に、

「じっくり試し読み」と銘売って、

巻まるごと、たまには数巻分が無料で読める、

「まんが王国」が今一番のお気に入りです。

>>>まんが王国はこちら<<<

サイト内で「累」と検索してください。